HOME > ファイルメーカーでお悩み解決 > ECショップ向け販売・在庫管理システム

ECショップ向け販売・在庫管理システム

ECショップのような日々大量に注文がある商売の場合、販売管理システムは必須になってきています。

ECショップ向け販売管理システム開発に関するポイント
  • 住所録:顧客・協力業者(仕入業者等)の管理
  • 注文受付業務
  • 商品管理
  • 在庫管理
  • 発注仕入管理
  • 商品発送(納品)管理
  • 請求(売掛)管理
  • 入金管理
  • 支払管理

業種により必要な管理項目は違えど、上記が基本となるポイントになるかと存じます。

よくあるお悩み

大量に日々の注文・発送等があるために、多くの企業様で入金・支払いのチェックがどうしても甘くなる現状があるとお聞きしております。

また受注残を常に確認し在庫の引当・発注・入庫・納品・入出金の管理が重要になってきます。もちろん、倉庫等を利用されている場合連携した管理業務が必須になってきます。

また仕入業者に対しても実際に発注した数と入庫した数等のチェックや仕入単価はデータに基づいた分析が出来ていないために、あやふやな場合が多く、利益がそれほど生まれていない等の場合もあるとお聞きしています。

ECショップ向け販売管理システムの必要性とメリット

ECショップ(サイト・カタログ)等を主にサービス展開されている企業様が販売管理システムを導入すると以下のようなメリットがあります。

システムのメリット
  • 受注~発送~入金までの一連の流れを把握し作業がスムーズに。
  • 商品管理・在庫管理が可能になり、サイズ・色別等の把握も可能。
  • データを基に売れ筋商品や売れ残り商品の分析が可能。
  • 商品・顧客分析により分類別のアプローチが可能。
  • 仕入業者の入庫・支払い等の管理業務を一元化し、仕入値の分析も可能。
  • 入金・支払いにおいてもチェック漏れがなくなります。
  • 業種によっては広告媒体等の分析を行われる企業様もおられます。

管理業務がスムーズになるだけでなく商品の売れ筋や仕入業者とのやり取り等もデータを基に蓄積されますので、今後の事業戦略の礎となることは間違いないかと存じます。

お問い合わせフォーム

印刷する印刷する

ファイルメーカーお悩み解決

ファイルメーカーによるシステム開発概要

FBA FBA reseller Filemaker_certified12 Filemaker_certified13 Filemaker_certified13