HOME > ファイルメーカー連載ブログ > FileMaker製品 > ファイルメーカーProについて

ファイルメーカーProについて

さて、FileMaker Pro(ファイルメーカーPro)製品について簡単にご紹介します。
主にFileMaker Proは2つのラインナップが用意されております。

FileMaker Pro
開発されたデータベースシステムを利用するために主に選択されます。基本的な機能を含んでおり、実際にシステム開発も可能である事から、一般ユーザーが一番多く選択されている製品です。
FileMaker Pro Advanced
主にシステム開発者のために用意されており、システム開発を行う上で便利な機能やツールが用意されております。またプログラム内で利用するスクリプトのデバッグ等も行えるため開発者から選択される事が多いです。

FileMaker Proによる社内情報の共有について

FileMaker Proには、システムを共有できる機能があります。
11クライアント以上の同時接続の場合、別途FileMaker Serverが必要ですが、10クライアントまでの場合、FileMaker Proでシステムの共有が可能です。(もちろん、Serverを利用するほうがバックアップやその他で優位な面はございます。)

エクセルやワードといったソフトとは違い、FileMakerによるデータベースシステムは様々な管理が可能です。実際にはお客様との取引内容や提出書類の作成、その他必要な項目を作成・検索・一覧表示と各要望に対してレイアウトを用意することが可能です。

初めてお使いになられる方は、使いやすさや業務労力の短縮に驚かれることが多いです

印刷する印刷する

ファイルメーカー連載ブログ

FBA FBA reseller Filemaker_certified12 Filemaker_certified13 Filemaker_certified14 Filemaker_certified15 Filemaker_certified16