HOME > 不動産システム開発について > 不動産システムのお問い合わせの前にお読みいただきたい事

不動産システムのお問い合わせの前にお読みいただきたい事

こちらでは不動産システムのお問い合わせを頂く前に、お読みいただきたい事を記載していきます。

不動産システムのご依頼を頂く前に

1:社内で現状の問題点を抽出し何を解決したいのか?リストアップのお願い。

これまで見てきた通り不動産システムを漠然と開発をするとうまく行きません。お客様のご協力なしに良いシステムは開発できません。

まずお問い合わせ頂く前にどんな問題点があるのか?どんな事をしたいのか?社内で意見を統一しリストアップした上で、弊社にお問い合わせください。

2:ご担当者をお一人お決めください。

ご担当者を決めていただき、その方とお話しさせていただきます。もちろん話の中で他の方も同席頂く事もありますが、システム開発側が多くの人と話していくとまとまらない事が多いので、必ず最終的に御社のご担当者様にて意見をおまとめ頂き、弊社にお伝え頂くご協力をお願いしております。

3:関係者全員でご担当者をサポートし取り組んでください。

2でご担当者を決めましたが、他関係者は必ずサポートする体制にしてください。彼がやってるから問題ないでしょ?私は言われてないし関係ない・・・たまにこういうお客様がおられますが必ず担当者の方をサポートしてください。

システム開発は誰のためにするのか?弊社のためでもなく、そのご担当者様だけでもなく、会社として戦略的に行っていくための礎になります。

その大事な事を一人に任せきりで良いはずがございません。真剣にみなさんでシステム作りに取り組んで頂く必要がございます。

4:必ずご予算と予定時期をお伝えください。

よくお客様でどれくらい掛かるか分からないと仰って頂く事も多いですが、簡易的な不動産システムであれば100万以内、もしくは200万以内で収まる事もございます。

しかしながら本格的に不動産システムを開発していくとなると、300万〜1000万かかる事もございます。その為まず予算としてどれくらいを考えておられるか?が必要になります。

せっかくお打ち合わせをしても予算内で治らなければ開発が難しいです。弊社もビジネスとしてしっかりとサポートさせて頂く為に必要な金額を提案致します。しかしながら実は100万前後で考えておられたのに、お聞きした内容が500万の開発内容となると開発は困難になります。

その為前もってご予算をおしらせ頂くと、お打ち合わせで出てきた問題点や解決したいリストから、本当に必要なものを抽出・整理することで予算内で出来る範囲のご提案が可能です。

ステップアップ方式を取ることもオススメしており、開発期間的にも余裕が出来て段階的にシステムを成長させていく事も可能です。初めからシステムを全て導入するよりも段階的にシステムに慣れていって頂き、そこから出てきた改良点も含めてシステムを成長させていく方法です。

5:遠方の場合、弊社にお越し頂くこともございます。

弊社は大阪市北区に事務所を構えておりますので遠方のお客様の場合、スケジュールにより御社に訪問して初回のお打ち合わせをすることが困難な場合がございます。その為、弊社にお越し頂きまして初回のお打ち合わせをお願いする事が多いです。

また弊社内であれば、ご覧いただける範囲で開発してきた不動産システムの説明も可能です。

最後に不動産システムをお考えの皆様へ

ここまでの内容でご理解頂く通り、インフォトレックは普通のシステム開発会社とは少し違います。不動産業界にて実際に試行錯誤を繰り返し不動産システムを開発を行ってきたノウハウがございますので、その部分で御社のお役に立てるかと思います。

しかしながら不動産システムはお客様のご協力なしに良いものは作れません。お客様と開発者側がしっかりと取り組んでいく必要がございます。

不動産システムをお考えの皆様、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

印刷する印刷する

ファイルメーカーによるシステム開発概要

ファイルメーカーお悩み解決

FBA FBA reseller Filemaker_certified12 Filemaker_certified13 Filemaker_certified13